アニメ・コミック

懐かしいマンガ

断捨離中の我が家。
しかし、幼少の頃、大好きだった漫画は一部捨てられず今だに本棚に。
先日の錦織選手のこともあるし、再読してみようかな〜と手元に持ってきた。
萩尾望都のこの作品もかなり年季が入ってるね笑


ウは宇宙船のウ
20141012_153826

エースをねらえ!
20141012_153932
こちらはコミック版。

20141012_153908
こちらは再版の文庫サイズ。

未完のままの作品も、、、


20141013_112215


| | コメント (0)
|

不朽の名作「SWAN」の続きの話 by 有吉京子さん

先日、本やで見つけたこの漫画「まいあ」の作者は★aki★世代の人には懐かしい有吉京子さんの新作。
かつて、これらのバレエ作品を読んで始めた人も多かったのでは?
幸いにして、★aki★は漫画は大好きだったけど、バレエには興味なく・・・というよりも、はじめから無理な体型だったので目に入らず(^-^;
まぁ、それは置いといて・・・

で、この「まいあ」という作品は、SWANの主人公だった、真澄の娘の話。
すでに2巻が発売されており、あっと言う間に読み終えてしまった(笑)
それと同時に「SWAN」が記憶の奥底から蘇る、蘇る・・・

同世代のイチクリさんにもおすすめしたところ、やはり同じようにハマリました(v^ー゜)ヤッタネ!!

そして、近頃3巻も発売され、早速購入。
早くも続きが読みたい★aki★なのですo(*^▽^*)o

そういえば、有吉京子さんのファンだった当時は、ファンレターを何通も送り、ご本人から返事をいただいたこともあったな〜。
どこにいっちゃったんだろ〜、あの手紙。
とてもきれいな自筆のお手紙でした♪
当時、大人気の作家だったので、当然のことながらイラスト集なんかも発売されていて、それも持っていたな〜。

なんか、いろいろな記憶が蘇るな〜。
若返り大作戦!って感じc(>ω<)ゞ

漫画の世界では大御所の有吉京子さん、どうぞ、末永くファンのために作品を描き続けてください!
(◎´∀`)ノ

| | コメント (2)
|

頭の中をグルグル・・・

今日一日、なぜかふと頭の中をぐるぐるしていた歌が・・・
「はるか〜草原を〜ひとつかみの雲が〜♪ あてもなく〜さまよい〜とんでゆく〜♪」
はい、ここまででわかった方、当時かなりのテレビっこでしたね〜!
そう、「母をたずねて三千里」のマルコの歌です。
管理人は「ひとつかみの雲」を「一つ紙の雲」と勘違いしておりました。
まぁ、低学年でしたから、仕方ありませんが。(自己弁護)
そういえば、後半の「ポンチョに夜明けの風はらませて」という部分で
母に「はらませるって何?」と質問したら、「いい言葉じゃないから知らなくていい」と
言われた覚えが・・・。作詞家はなぜ「からませて」じゃなくて「はらませて」に
したんでしょうかねぇ。「はませる」方が正しい表現なんでしょうか?
これはどっちでもいいんですが。

どうしてこの歌が・・・???と自分でも思ってしまったんですが、ついでにエンディング曲まで。
「朝〜僕を〜起こしたお日様が〜ほら もう真上♪」
幼少だった頃の歌詞ほどはっきりと頭に刻まれているんだけど・・・これってもしかして、いわゆるアレ、ですかねぇ。
さぁ、いろいろと気になりだした皆さん、ちゃんと調べてみましたよ〜
懐かしのアニメソング一覧。
http://www001.upp.so-net.ne.jp/meisaku/meisaku/other/kasi.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/母をたずねて三千里
あれ、調べてみてわかったけど、これって宮崎駿が手がけてたんだ〜知らなかった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|