« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

早いもので七回忌

カメラの恩師がなくなって今年で七回忌。
時間が経つのは本当に早いものだ。
先日、イベントに間に合わせて印刷した三保の松原、神の道の製作工程を載せたパンフレットと、恩師が大好きな甘いお菓子を持参してお宅へ伺った。
命日は10月4日だが、その週は不在のため、早めにご挨拶に。

奥さんはパンフレットを手にすると、私の拙い写真を褒めてくれた。
日中のコントラストのある写真はフラッシュも届かず、非常に難しい。
まだまだ未熟で修行が必要(^^;;
それでも恩師に教わったことを守りながら、一枚でも質の良い写真が撮れたらいいな、と思いながら日々意識をしている。

今回のパンフレット表紙の文字は恩師の大切なご友人の直筆の書「神通」。
この方も先に亡くなられており、その後、これを厚かましくも私が譲り受けたものだ。
まるで、私の会社でこの神の道を製作することがわかっていたのかしら?と思ってしまうのだが。

奥さんは恩師が亡くなってから数人のお孫さんたちの世話をされながら元気に暮らしている。
それも私にとっては何より。
実の親子ではないけれど、恩師、そして奥さんとは深い縁で結ばれているようだ。

そして、これからもまた日々精進しながら教えを守りつつ、、、合掌


1379850241679.jpg

| | コメント (0)
|

大地の歌声〜神の歌@アルタイ共和国

ラジオ派の★aki★が運転中、たまたま耳にした歌声、それがアルタイ共和国の歌姫タンダライさんのKAI(ホーメイ等)だった。
何とも言えない懐かしい感じと、パワーのある声にすっかり魅了されてしまった(^_^;)

K-MIXでパーソナリティをされている佐藤正治さんが紹介されており、ミュージシャンであるご本人も登場するライブが沼津である、というので、早速チケットを予約。 

そして、いつもお世話になっているラジオパーソナリティの相川香さんをお誘いしてみたところご一緒いただくことに★

何しろ50人限定、というレアな会場のためステージは目の前!!
どきどきワクワクのライブが始まった・・・・

MCは佐藤正治さん。

最初のゲストはアルタイ共和国の国民的歌手ボロット・パイルシェフさん。
マンドリンに似た伝統楽器を片手に、民族衣装で登場。
そして喉歌を・・・モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!
素晴らしい!!
穏和な感じからは想像できない響き。

続いて、タンダライさん。
女性なのに男性の声?
そしてパワフルなエネルギーを感じる声の波動。
まさしく「神の歌声」。
佐藤さんが、「この歌は生で聴いてもらわないと」という「鳥の歌(鶴の歌)」は本当に言葉では説明できない。

タンダライさん曰く、声や歌は天から自然と与えられたもので、技術的な、というよりは第六感的な力により出せるらしい・・・……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ

その他、口琴や笛なども演奏。
どこから声が出てきているのだろうか?
人間の体って素晴らしい!!
いや、KAI(ホーメイ)、素晴らしい〜★

いずれにしても、こんな間近で、そして生のホーメイや口琴が聴ける機会を得たことに感謝。

この後、今回の企画をされた中心人物、音楽家の巻上公一さんも加わり(また、これがレアな楽器、テルミンなども演奏)ライブは色々な意味で盛り上がった。
巻上さんてユニーク・・・

巻上さんと佐藤さんは「ヒカシュー」というバンドを組んでいて、それにボロットさん、タンダライさんと「アヤ」というバンドを組んでツアーをされているとのこと。

機会があれば、アルタイ共和国・・・ぜひ行ってみたい!(*^ω^*)ノ彡

今後のライブについては、こちらをご覧ください


相川香さんも当日のことをfacebookに掲載されています。ご覧になれる方はこちらをどうぞ。


1


2


| | コメント (0)
|

« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »