« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

日光と月光@西伊豆

不思議な空気を感じる太陽、そして暁の月が西伊豆の海を照らしていた・・・

Dscn3482
【西伊豆・恋人岬より】

Dscn3610
【暁月】

Dscn3602
【駿河湾の夜明け・海のほてる いさば より】

Nikon P510


| | コメント (0)
|

第13回ストリートフェスティバルin青葉公園

今年、久々にストリートフェスティバルヘ立ち寄ってみた。
初回は静岡市の事業の一環で、ナイナイ予算で苦労して立ち上げたのが今は昔・・・(>_<)
時間が経つのは早いですね〜★

そして、会場ではこんなに素敵な作品たち&作家さんに出会えました!
また来年も行かなくては!
(自社製屋台の点検という名目で・・・笑)

本日であった作品のご紹介・・・
【時を刻む鹿】
Dscn3321
これ、A4サイズの印刷カードなんですが、原画はキャンパス地に細筆手描きをしたものにコンピューターで色つけをして、さらに、印刷したものには直接ラメを塗り込んであります(写真ではあまりよくわかりませんが)目元がキラキラしているのが少しわかりますか?人目見て気に入ってしまった作品です★
詳細はこちらへ


Dscn3324
ふふふ・・・hatsuさんの作品。facebookでチェックしていたので則買いです★頭のお花も可愛いし、目も可愛いし、色合いも可愛い〜♪

Dscn3301
こちらは若い作家さんの紙粘土でできたオカメインコ♪
やっぱり愛鳥を見ると、思わず足を止めてしまいます(笑)実は私は鳥フェチ?!
Dsc_2921
こちらは愛鳥パピ♪


Dscn3314
こちらも地元、現役女子大生の作家さん。なんと、先日お邪魔した就活セミナーの大学生さんでした(笑)。ビール瓶のフタとピーナッツの殻をうまく利用したミニチュア作品。中には魚が泳いでいます★


そしてすぐ近くの「ミライエ」にて(株)発電マンさんの10周年記念セミナーに参加してきました。

シティエフエム静岡(76.9Mhz)のラジオパーソナリティTJさんの司会で。
※これは後日ラジオで放送すると思われます★

軌道にのるまでの苦労話し等々もあり・・・いずこも涙なしには語れない辛い思いをしているんだよね〜と思いつつ勉強させていただきました(-_-)
安東米店の長坂氏との米と電気との関係もおもしろかったです♪

| | コメント (0)
|

山梨ワインツーリズム【甲府・石和地区】

初回から数えて5度目の参加になる「ワインツーリズム山梨」。
ワインよりも「食」を楽しみに参加している★aki★。
今年も昨年同様、甲府地区を回ってみることに♪
ただ、今年は昨年行けなかった石和地区もねらい所。
なんたって「ふえふきマルシェ」開催とのこと。
美味しいものチェックしなくては!

そして、昨年食べられなかった「とりもつ」は抑えておくべし!とお店の候補をいくつかピックアップ。
奥村本店で新そばと甘辛く煮た「とりもつ」を堪能♪特に砂肝が美味しかった・・・(^_^)v

最後に、今年も「フォーハーツカフェ」さんへ。
山梨ワインツーリズムの仕掛け人である大木オーナーさんも。

このツアーを企画してくださったリベロツアーの坂野さん♪
ありがとうございました〜(*^ω^*)ノ彡

【順路】写真の通りです。今年は9名で集団移動(笑)なぜか隊長になっていました・・・(^_^)v

甲府駅到着後、石和温泉駅までワープ!
電車で7-8分。190円也。

さらに、バス待ち20分が我慢できず、
マルシェ会場までタクシーで直行・・・のはずが、先に笛吹ワインへ。

ここで試飲スタート♪
アジロン種のワインが人気でした★
Dscn3237

続いて、マルシェ会場のニュー山梨ワインへ。
ここで偶然、知り合いのご夫婦にバッタリ!驚きました(*^_^*)
ここでは、事前チェックをした江戸屋の「ごま豆腐」をゲット♪ふふふ・・・
Dscn3251

途中の景色・・・銀杏がキレイだった(^o^)
Dscn3248

現地案内人さんが親切だったので、助かりました!

続いて、八代醸造へ。
ここでは1999年のワインが一杯500円で有料試飲できる、との情報を得て、皆さんにお知らせ(★aki★は飲まないので・・・)
Dscn3264

葡萄しぼり機
Dscn3266

こちらの番犬くん♪
Dscn3267

そろそろお腹も空いてきたため、昨年、出店があったシャトー酒折へルートバスで移動。
しかし、今年は出店数が少なく、昼食のため、再びバスで甲府市内へ移動。
Dscn3275

ルートバス停留所の「甲府中心街入口」で下車。ワインツアー案内人さんが私たち集団が目指す、とりもつの元祖「奥村本店」まで案内してくださった。
案内人さんによると、歴史が300年以上あり、蕎麦ならここ、とのこと。
事前チェックしておいて良かった♪
そして、ここで新蕎麦&とりもつを満喫(*^_^*)
皆さん、大満足なのでした(^_^)v


こちらが、元祖とりもつ! 甘辛いコクのあるタレで絡んだ、とりのスナギモ、レバーなどが入っていて、美味しい〜(^o^)
Dscn3279

これは手打ち蕎麦。これも歯ごたえがあり、蕎麦の風味が良く、蕎麦湯も美味しかったのだ(^^)/
Dscn3284

ここから歩いて、昨年も訪れた信玄ワインへ。
こじんまりしたワイナリーだけど、美味しいワインづくりをしている♪

そして、今回の目的でもあった昨年も訪れた「五味醤油」へ!
昨年食べた、ほうとうが美味しかったのと、味噌も絶品だったので、気合い入れて行きました!!
今年は麹でできた甘酒を試飲させていただきましたよ〜。男性陣は塩こうじ漬の豚肉串焼きを美味しそうに頬張っていました♪
武田信玄がこだわっていたという、甲州みそ、本当に美味しいです(^o^)

最後に昨年も訪れた、この山梨ワインツーリズムの仕掛人、大木さんのお店「フォーハーツカフェ」へ歩きでGO!

スイーツは別腹・・・ということで、地鶏の卵を使ったフレンチトーストにバニラアイスとベリージャムをのせたこちらをいただきました(*^_^*)
Dscn3297

一方、男性陣はレアなワインを堪能・・・
大木さん自ら、レクチャー。
Dscn3294

そして幸せな気分で静岡へ戻ったのでした。
お疲れ様でした。

さぁ、来年は貴方もぜひ!!

このツアー企画はリベロツアー♪

| | コメント (0)
|

ピックアップテーマ&画像

Facebookより★aki★のピックアップ画像のご紹介

丸葉ユーカリ@ユーカリ展示場
新芽がきれいです〜♪
35558_525925290769182_875836029_n

猟犬候補生リブが12月で5ヶ月。
イタズラ盛りです(^^;)
374398_526351557393222_291925646_n

ユーカリ・ローズガム@ユーカリ展示場
樹皮がペロペロと剥けて成育中。オーストラリアでは、本来「ブッシュファイア」と呼ばれる森林火災によりユーカリの枝葉や樹皮が燃えて成長が促されます★この火災がないと100年の間に途中で倒れてしまいます。
536519_525476494147395_918935216_n

いつものラジオ (株)シティエフエム静岡(静岡76.9Mhz)に出演中のパーソナリティのお二人。
左が矢内さん、右がスナオマサカズさん。
今週土曜日17日は、相川香さんにかわって、スナオマサカズさんにお世話になります!
Cha!Cha!サタデー 11〜13時。サークルオブサークル12:20〜出演予定。
今回も、またまたユーカリの話題で行きますよ!
546812_519673798060998_413998410_n


| | コメント (0)
|

やっぱり美味しい♪静岡のお茶(*^_^*)

このところ急に涼しくなってきてスポーツのお伴もコールドドリンクからホットヘ・・・
そこで、お気に入りの焙じ茶を買いに「山壽杉本商店」へGO♪
このお宅、土日休みなもので平日しか買いに行けず、久々に立ち寄った。
お店には、ご夫婦が新東名 静岡SAへ納品する小袋セットのパッケージを作っていた。
センスが良い商品で好評らしい(^o^)

ここで「香ばしほうじ 胡麻ほうじ」を買いだめ。
美味しいお茶をいただきつつ、お隣の小島茶店さんへ。

いつものラジオ「Cha!Cha!サタデー」に出演の際に、パーソナリティでお茶プランナーの相川香さんが淹れてくださったお茶が、この「熟成本山茶」。
なんとも言えない甘みと香りで素晴らしかった♪
それがこちらの小島茶店さんで販売されているというので、買い行った。

ちょうど、小島店主さんがいらして、またまた美味しいお茶や変わった釜いり番茶なども飲ませていただいた。
この日は静岡市のお茶の日。毎月1日がお茶に親しむ日と決められていて、お店に行くといろいろと特典があるそう。すっかり忘れていた★aki★(ごめんなさい、教えてくださった相川さん!)
この日は、こちらで川根の美味しい和紅茶お試しパックをいただいてしまった(*^_^*)

そして800年前からある技法で熟成された静岡の本山茶を購入したのでした(^o^)
新茶のような青さがなく、まろやかで上品なお味。徳川家康公が愛したというのがわかる気がする・・・
ああ、やっぱり静岡のお茶は美味しいね!!
プロの手によるブレンドは素晴らしい(^^)/

静岡には、他にもおすすめのお店&イベント盛り沢山ですよ〜

静岡のお茶屋さん、茶畑めぐりはこちらの旅行会社リベロツアーで企画していますよ!
ぜひ静岡へ遊びにきてくださいね♪


Dsc_3157


| | コメント (0)
|

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »