« 季節の花々@ユーカリ展示場 | トップページ | 岡崎~豊川へ日帰りの旅【岡崎編】 »

無料配信中!山岸涼子さんの作品「パエトーン」を読んで@電子ブック

今朝の静岡新聞の書籍コラムに1988年に発表された「パエトーン」が紹介されていたため、さっそく検索した。
山岸涼子さんといえば、「日出る処の天子」で一世を風靡した漫画家。
★aki★もマンガ歴は長いので、一度は読んだことはあるはずだったが、やはり身に迫っていなかったせいもあり記憶からすっかり抜け落ちていた。

今回の福島原発、そして今後の原発の在り方についての問題提起として出版社および山岸さん自身がネット上で無料配信しているので、より多くの方が原発について改めて考える良い機会だと思う。

個人的に武田邦彦先生のブログも拝読しながら、日々、頭におきながら仕事に励むユーカリ社仕切人なのである。
「原発七不思議 神になった専門家」このテーマは山岸さんと共通する気がする。
そして、今回内閣を辞任された東大の小佐古先生の涙の意味もここにあるのでは?と思った★aki★。

原発設計者の菊池氏も「福島原発は浜岡原発に比べたら線香花火みたいなものだ」と言っている。
静岡はもとより地球はどうなるのだろうか・・・?

沼田鈴子さん「語り伝えることの大切さ」


静岡県第3次地震被害被害想定(GIS)

|
|

« 季節の花々@ユーカリ展示場 | トップページ | 岡崎~豊川へ日帰りの旅【岡崎編】 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 季節の花々@ユーカリ展示場 | トップページ | 岡崎~豊川へ日帰りの旅【岡崎編】 »