« 大規模展示会における災害時の自己防衛について@東京ビッグサイト | トップページ | Skype情報 その2 »

skypeをインストールしておこう!

先の地震対策ブログにも記載したけれど、今のうちにskypeをインストール&登録しておきましょう!

使ったことのない人は抵抗があるかもしれない。
でも、いざ!という時には携帯や固定電話の回線よりも確実に連絡がとれることを★aki★は今回経験した。

先日11日の東京ビッグサイト足止めの際も、昨夜の静岡東部で発生した震度6強の際も、skypeは通じた。
確かに、インターネットが通じることが前提ではあるが、安否を気遣ってくれる方へ連絡ができるだけでも、有効だと思う。

まずは、skypeで「アカウント」を取得し、お手持ちのコンピューター、あるいはスマホにアプリをインストールしましょう!

★aki★も決して使いこなしているわけではないけれど、家族、友人が一人でも多くskypeに登録してあれば、緊急時には音声で連絡がつく。また「チャット」機能を使えば文字だけのやりとりもできる。
この二つだけで十分。

とりあえずは、有料サービス(固定電話や携帯電話への通話)は手続きしなくても、無料通話(Skype同士)のみで良いと思う。

ただし!
緊急通報は使えないので、家族、友人を通しての連絡が必要。
それでも、連絡がとれる手段が一つでも多いことが大切。

お試し下さい!!

1.skypeのHPにアクセスしたら、まずは右上の「skypeに参加」をクリック。

2.アカウントの作成またはサインイン という画面が表示されるので、必要事項を記載。

Photo

と同時に、TOPメニューの「Skypeをダウンロード」から、該当する項目にカーソルを移動させて自分の使用機器にダウンロード&インストールしましょう。

Photo_2

3.アプリケーション(Sマーク)を使ってサインイン(ログイン)してみましょう。
PCでも携帯でもどちらでもOKです。

Photo_4


4.知り合いの誰かがskypeに参加しているかを名前やアドレスで検索をして、登録しておきましょう。
知り合いにテスト通話してみましょう。
ついでにチャットも試してみましょう。

※相手が、あなたの承認をした上で、お互いに通信可能状態(緑色にレ点マーク)である必要があります。ただし、発信やメッセージを送っておけば、先方がオンライン(通信可能状態)になった時に、確認がとれます(のはず)

【注意】
設定画面で、「コンタクトのみ」にしておかないと、海外からやたらと電話が入ってしまうので注意してください。
また、通常使っていない時は「オフライン」または「取り込み中」などにしておく必要があります。

Photo_5


詳しい使い方については、SkypeのHPでご確認くださいね。

|
|

« 大規模展示会における災害時の自己防衛について@東京ビッグサイト | トップページ | Skype情報 その2 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

朗報、ありがとうざいました。
試してみます。

投稿: (吉蔵)杉山吉孝 | 2011/03/17 08:16

はい、ぜひ!
PC嫌いだった、うちのハンター社長もマスターできたくらいなので、吉蔵さんなら簡単に使いこなせるはずです。
将来的にも有用なツールですので、この機会に使い慣らしておくのも良いかと。

投稿: ★aki★ | 2011/03/17 09:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大規模展示会における災害時の自己防衛について@東京ビッグサイト | トップページ | Skype情報 その2 »