« JAPANSHOP地震難民@東京ビッグサイト | トップページ | skypeをインストールしておこう! »

大規模展示会における災害時の自己防衛について@東京ビッグサイト

先日のJAPAN SHOPで、電車、首都高、東名等の交通機関が停止したため、イベント会場の「東京ビッグサイト」に足止めされていたユーカリ社スタッフとユーカリ職人たち。
震源地ではなかったにしろ、余震が続き、いつ静岡へ戻れるのかわからない中、情報が乏しく、不安な一日を過ごした。
湾岸沿いの駐車場内にあった車には、ノートパソが入っていたが、取りに行って万一津波でも来たら・・・ということで、手持ちの機器だけで対応した。

緊急事態、ということではあるが、数十万人が集まる展示会にしては、会場側の防災体制があまりにもお粗末なので、会場側および主催者側への要望と自己防衛の方法について、素人ながら記録しておきたい。
(★aki★の記憶に残ったものだけなので概略です)

【当日の現場の様子】
1.地震発生時→天井等の落下によりけが人が数人、スタッフに誘導され、車椅子で運ばれた

2.2回続けて地震が起きた関係でスタッフが来場者を誘導していたらしい →この時点で、展示会の中止放送はなし。館内には出展社と一部、会場を回っている来客あり。ユーカリ社も数人対応していた。

3.周囲のブースが片付けを始め、やっと中止の館内放送がかかる。この間、地震発生から数十分経っていた。

4.津波警報が発令されたため、高いところへ移動するよう防災センターの放送があったが、主催者側等は誘導のみで出展社への強制はなかった。また、ガードマン等も防災訓練を受けていないのか、入り口に立っているだけだった。(アルバイトだから仕方ない?!)

5.各社、片付けを続けていた。余震があるので高所作業は控えて欲しい、という館内放送が何度か流れた。

6.電車等が停止していたため、帰れない人たちが大勢座っていた。→東京駅へのシャトルバスはすぐに会場を離れた人は乗れたらしいが、残ってしまった人へのその後の情報提供はなかった様子。

7.出展社は空調の効いた控え室で待機することになった。会場側は一部、空いている部屋を開放し、帰れない人たちに提供したらしい。

8.夜になり、一人一箱、栄養補助食品が配られた。スタッフらしき人が回ってきたのはそれ一度きり。

9.食料の買い出しに行ったが、館内のコンビニ等の売店は閉店。レストラン等も閉店。自動販売機の飲料水がほとんど売り切れしていた。→★aki★たちは近くのオフィスビルなどに入っている売店へ買い出しに。
しかし、そうした店も定時に閉店したらしい。飲食店は休憩所として開放していたところもあった様子。
※館内には、遠方から来たらしき多くの来場者たちが空調の効いていない通路等の床にそのまま寝ていた。

10.早朝、ビッグサイト内のコンビニの一つが開店。少しだけ食料が入ったらしく何とかお弁当を購入できた。→こうした情報の館内放送なし。

11.電車の開始情報が一部館内放送されたが、地方から来ているユーカリ社などを配慮した情報提供はなかったが、ユーカリ職人の一人が首都高開通したことを携帯電話で知って、会場を出発することになった。

※出発するまで、主催者側スタッフからの情報提供、見回り等は一切なし(だと思う)

早朝の買い出し後、西館にあるテレビの前に多くの人々が座っていたが、ここにテレビがあることを知らなかった人は多かった!
★aki★もその一人。会場、主催者側からの情報提供なし。

【何が問題だったか?】
○東京地区、県外の人への生活に関わる情報提供。周辺ホテル、売店の案内、交通情報含め、あらゆる情報がなさ過ぎ!
○「津波が来る」と言ってるのに、防災用具一切なし。その後の余震による事故防止のためのヘルメットの準備もなし。また、食料、毛布、防寒具等くらいは来場者数に見合った数を用意しておくべでは?
○出展社控え室、会場には情報収集源なし。テレビ、とは言わないが、ラジオくらいは置いてもらわないと!
○アナウンスなし。体調を崩して緊急を要した場合の連絡先の案内なし。スタッフ待機場所の案内なし。欲しい情報はどこへ聞けばいいの?って感じだった。総合案内所はとっくにクローズしていたし。
館内放送をしていたが、それがどこからアナウンスされているかもわからなかった。
○出展社、来場者への配慮なし。館内の売店は24時間オープンにするとか、遠方から来ている人向けに周辺ホテルの部屋を確保するなど、数は別として、何かしらのアクションがあっても良かったのでは?
来てくれた人、出展社に対してあまりにも対応が悪すぎた。
○館内のインターネットを開放していたのかわからないけれど、Wi-Fiをオープンして欲しかった。

以上、まだ熱が冷めていないので思いつくまま書き込みました。
でも、これが震源地だったらどうするの?という感じだった。

防災等、緊急時のスタッフ教育があまりにもされていない様子。全員アルバイトだったの?
そんな人たちばかりの会場に何万人も集めているの?と信じられなかった。
誰も陣頭指揮をとる人はいなかったの?

【持っていて便利なもの】
○スマートホン ★aki★はREGZA T-01C
※Skype
今回、NTT回線が繋がらず、携帯メールも一切NGだった中、ネット接続はできたため「Skype」を使ってノルウェーにいる妹yasuへ連絡し、静岡の両親へ伝言してもらった。
いつも妹とSkype同士の連絡のみだったため、一般電話へ有料でかけられるクーポンを買っていなかったので。

※ツイッター
ネットによる情報収集可能。ワンセグはなぜかつながらなかった(設定が悪かったのかな?それとも海沿いだったからかな?)

※E-Mail(iモードメールではなく一般メールのこと。gmailでもOK)
静岡にいる友人たちから、特に交通情報の提供をお願いして、とても助かった!
みんな、ありがとう〜(^^)/

※地震速報アプリ(ウェザーチャンネル系)
唯一の情報源

※Ustreamアプリ
youtubeは録画による動画だけどユーストはライブ。情報が新しいので。

○ある程度の現金
物を買うには、やっぱりキャッシュが一番。おサイフ機能もあったけど、カードも停電したら使えないしね。

○ヘルメットまたは防災頭巾(静岡人にはなじみ深い品!)

○ラジオ
※いつもはネットワークウォークマンを持っているのに、今回は持参しなかった!失敗!!
緊急時には、ituneなどのネットラジオよりも、普通のラジオが活躍しますよ。

○電池式携帯バッテリー充電器または予備バッテリー電池
※今回は電源が落ちなかったので充電できたが、やはり、バッテリーは予備が必要。

○耳栓
※今回の控え室、超・超・ノイジー。狭い部屋なのに、一緒に待機していたギャルたちの声がうるさい、うるさい!まったく静かにならなかった。かといって、注意するのも何なので、自己防衛しましょうね。

○スニーカー
※今回はあまり歩く必要がなかったけれど、やはり歩きやすい靴は必要。

○地図
※どこへ行けば良いかの確認。携帯GPSが使える間はいいけれど、特に地元ではない地域での被災は、右も左もわからないため、知らない土地に行ったら、まずは観光案内地図でももらっておいた方が無難。

○飲料水、食料
※買い占めがすごいので、お菓子でも栄養補助食品でも良いので、少しでも持っていると安心。今回は多めに買い出しできたお菓子が、静岡へ向かう帰りの大渋滞の時に助かった。

○笛
※これは、先日ラジオで聴いたもの。意外かもしれないけれど、物に圧迫されたり、閉じこめられた時、声が出せない時に、わずかな息で高音は聞き取りやすいらしい。★aki★は携帯ストラップ用の小さい笛を買ってつけている。暴漢に襲われた時もいいらしい(・_・)エッ....?


だいたいこのような感じ。
「こんなにたくさん持っていられないよ」と思うかもしれないけど、持てるものは一つでも多く準備しておくことをおすすめしますよ!
リンクしてなくてすみません。
時間が空いたら、手直しします。

これらの情報が、少しでもお役に立ちますように!!

|
|

« JAPANSHOP地震難民@東京ビッグサイト | トップページ | skypeをインストールしておこう! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

地震の発生直前に貴社ブースを訪問した者です。
ご無事で何よりでした。
私の近くにいた人、天井から落下物で大怪我。
確かに避難誘導や案内放送はなく、展示会中止の館内放送だけのように思います。その後、静岡からのテレビ情報を携帯電話で知り、駐車場にある車のカーナビテレビで情報確認しながら、帰路につきました。
途中いろいろと端末で情報を探索しましたが、テレビが一番確実なので、地デジ対応を実行しますよ。
ちなみに静岡着は翌日の正午。
やはり、搬出を実行したのですネ。
お疲れ様でした。

投稿: せきさば | 2011/03/15 14:56

>せきさばさん
お互い大変でした。お車で見えていたとおっしゃっていたので、どうされたのか気にしてはいたのですが・・・ご無事で何よりでした。
社長からの遠隔指令で「荷物より何より人の安全が大事だから片付けは後回しにして高いところへ避難しろ」と言われ、とりあえずは全員2Fの控え室に待機し、翌朝、首都高の開通とともに静岡へ向けて出発しました。
以前から地震がくる、と言われている静岡に住む私たちにとっては人ごとではない今回の災害。少なからず被害の影響を受けた今回の件を戒めに今後に備えたいと思います。

投稿: ★aki★ | 2011/03/15 15:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JAPANSHOP地震難民@東京ビッグサイト | トップページ | skypeをインストールしておこう! »