« ユーカリ木製品ショールームオープン!@湘南地区 | トップページ | 力まかせじゃ、いけません・・・@中国武術 »

東大寺展と牡丹亭@懐かしの上野&赤坂

一ヶ月ぶりの休みとなった、この日曜日。(前後土月は仕事(>_<)
前々から楽しみにしていた上野・国立博物館の「東大寺大仏展」と、赤坂ACTシアターで板東玉三郎さんの昆劇「牡丹亭」を堪能してきた(* ̄ー ̄*)

ところが、当日の朝は「新幹線動くの?」というほどの豪雨。
先日のショールーム撮影日の晴天で雨女返上か?!と期待していたのに(。>0<。)
しかし、天は我に味方!(というよりも、同行くださったイチクリさんのおかげか?!)
出がけには雨も止み大雨に見舞われることなく東京散策ができた♪

東京OL時代に、谷中銀座近くに3年ほど住んでいたため、夕方から上野・御徒町へお買い物に出たり、勤め先の赤坂周辺は毎日通勤していた懐かしの場所。
さぞや変わったことだろう、と思っていたら、TBSこそ建て替えられたものの、周辺の様子はあまり変わっていなかった(^-^;

まずは東大寺大仏展から。
9時30分開場、というのに、すでに列ができていた。
★aki★たちも、9時前には到着したがお茶を飲むには時間が足りず、そのまま立ち話で待ちに入った。

OK時代にさんざん上野近くに行っていながら、初・博物館。
立派な建物・・・という印象。さすが国立。
何より国家公務員の方々が小雨降る中、傘も差さずに入場待ちの★aki★を整列させたり、チケットの確認をしたり、平成館まで誘導したり、・・・・というのが、とっても印象的だった(゚0゚)
海外の美術館・博物館では見られない光景だ(笑)
日本的っていえば、日本的・・・従う私たちも日本人、みたいな(゚ー゚;

肝心の展示品の内容だけれど、天平時代にこんな技術が日本に存在していたことに、あらためて感心。
私たちご先祖様は素晴らしかったのね。
最も楽しみにしていた「光明皇后」の書。下調べしていなかったのが悪いんだけど。ガクッ。
書生に書かせたものしかなかった。やっぱり本場に行かなくちゃだめなのね・・・(;ω;)

でも、有名なお釈迦様の像は見られた。
「天上天下唯我独尊」。生まれたばかりに言うわけないけれど、天を指さすお姿は、そう口にしてもおかしくないオーラがあった。

その他、常設展が素晴らしく、もっと時間が欲しかったが、次に移動しなければならなかった。
次の機会には、ゆっくり見たい。

午後は赤坂。
上野から銀座線で赤坂見附まで一本。
見附から徒歩で赤坂サカスまで5分ほど。
土日には、広場に屋台が出るらしく、「赤坂サカスマルシェ」と称したテントがいくつも並んでいた。
(ここでランチでも良かったかも!)

いよいよ「牡丹亭」観劇。
上演時間が書いていなかったが、途中休憩が入り約3時間の舞台だった。
玉三郎さんの作品は、歌舞伎しかみたことがなかったので、劇中で古い蘇州の言葉の歌声が何とも不思議な感じがした。

1Fの一番後ろだったので、遠目ではあったけれど一つ一つの立ち居振る舞い、手の動きが本当に優雅で美しく、才能+日々の努力のたまものだと感じた。
後から調べたら、彼は今年60才!!ヒョエ〜ッ!そうなの?!ビックリ!!

この昆劇をやろう、と思ったのが50代後半。それからお稽古を繰り返し、習得した中国語の台詞+中国語の歌。その後、海外公演を経て、この赤坂で一日2回の公演をこなしているのだ。
すごい精神力と体力。さらにビックリΣ( ̄ロ ̄lll)
役者魂、というよりも、何か神憑り的な精神力があるとしか思えません・・・。
凡人にはまねできません( ̄◆ ̄;)

でも、とても素晴らしい作品を観られてシアワセな★aki★。

上野も赤坂も良かった・・・!

これを糧にまたしばらくは仕事に専念なのだ( ̄▽ ̄)

Rimg0111


|
|

« ユーカリ木製品ショールームオープン!@湘南地区 | トップページ | 力まかせじゃ、いけません・・・@中国武術 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユーカリ木製品ショールームオープン!@湘南地区 | トップページ | 力まかせじゃ、いけません・・・@中国武術 »