« ビジネス用の新車 | トップページ | 小麦粉の値段 »

ピアノの調律、その後

長年放置されていたに等しい★aki★のピアノを復活してもらった。
2時間近く、汗だくだくで調律をしてくださったんですが、鍵盤を重くしていた一番の原因は「湿度」。
「この辺り、霧がぱーっと部屋の中まで入ってくることがありますか?」と聞かれ、「うーん、そこまでは・・・」と答えたが、それに近い現象はあるかもしれない。何しろ山間部だし!
鍵盤の下にある布等を張り替えたり、何だりで、さぞ高くつくだろう、と覚悟をしていたら、とても良心的なお値段で対応してくださって感謝。
これからは、1年に一度は調律してもらわなくちゃ・・・(^_^;)

「まだまだ使えますから、大事にしてあげてください」と言われ、素直に練習を再開している★aki★。
曇っていた音がグンとよくなり、響きが違う。
当たり前だけど、プロの手にかかると、ちゃんとなるものなのね。感心。

たまたま、ピアノの発表会で弾いた楽譜をネットで見つけたので、ダウロードしてみた。
当時ほど指は動かないものの、車の運転と同じで、楽譜も指も記憶というよりも、体が覚えてるいるらしい。慣れって、意外と身についているものですね・・・。

調律師さんには「15年も習ってたんじゃ、楽譜は読めるでしょうから、コードを覚えたらどうですか?」と言われた。ギターコードのピアノ版。普通、クラシックでは教えてないはず。
それがわかれば、右手でメロディー、左手でコード伴奏ができるので、どこでもパッと(!)弾ける、とのこと。うーん・・・余裕ができたら覚えてみるのもいいかもね。カラオケの伴奏とか?!

しかし、右手はまだしも、左手が利き手でない分、かなり動きが鈍い。
まぁ、仕方がないな〜と、しばらくは慣らすつもりで適当な曲を弾くことにしよう。

指の練習曲集ぐらいは、買った方がいいかな・・・と、結構、楽しいピアノ再開なのであります♪


|
|

« ビジネス用の新車 | トップページ | 小麦粉の値段 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビジネス用の新車 | トップページ | 小麦粉の値段 »