« くうねるキッチンin静岡市葵区 | トップページ | 羽釜ご飯と地野菜の店 啼鳴庵やまさきin静岡市葵区足久保奥組 »

モンブランの万年筆が〜(T_T)

管理人★aki★は万年筆が好きで、手書きの時は愛用している。
ここしばらくは、仕事によく使うゼブラのHyperJell0.7mmばかりだったので、久しぶりに万年筆を取り出してみた。
手持ちの万年筆はシェーファー、モンブラン、パーカー2本。
パーカー以外は父からのもらいもの。
人からの頂き物だけれど、父が使わないのを知っていた中学生の管理人★aki★は、このシェーファーを、どーしても欲しくて、テストで上位に入ったらもらう、という約束で譲り受けたもの。
金ピカボディに重厚感のある万年筆は「大人の世界」の代物だった。
14金のペン先は、書き味がやわらかくて、筆圧のある管理人★aki★にとっては、やや不向きであるが、やはり、英字などの横書きをするにはもってこいなのである。
パーカーの一つは、骨董業をしていた叔父からもらったもの(だと思う。記憶が怪しいが)
ペン先が金ではないらしく、カリカリとして書き味で今いち。しかも、ペン先の軸が動いてしまい、非常に書きにくい。
もう一つのパーカーは、自分で買ったもの。黒のマット調ボディにゴールドを組み合わせたもの。
でも、これも書き味が硬くて、最近は使っていない。

で、本日、シェーファーとモンプランにインクカートリッジをセット。
シェーファーは問題なく使えた。

ところが、モンブランはインクを差し込んだ時、つい力を入れすぎてしまい、カートリッジが「パチッ」と割れてしまった様子。しかし、そのまま軸をねじ込み、しばらくインクが出てくるのを待っていた。
何度書いても出てこないので、ペン先にティッシュを巻いて、振ってみたら・・・・ガーン(T_T)
なんと、ねじ切りよりペン先に近いところでボディが折れてしまい、インクが辺りに飛び散ってしまった〜(>_<)
何かよくわからない部品が散乱し、崩壊してしまった様子。
こんなもろくていいのか、世界のモンブラン!
いや、管理人の扱いが悪かったのかも・・・
いずれにしても、どこがどうつながっていたのかわからず、部品が無くならないうちに、封筒にしまった。
でもね、何となく作りに不信感はあるのよ。
だって、以前も、モンプランのマークがポロッと取れてしまい、さらには、ペン先軸が蓋にはまったまま取れなくなったため、修理に出したことが。
そのときは、7500円もかかってしまったのだ!
今回も、本当に使用上の悪さなのか、元々のボディの作りが悪いのか?!
何といっても世界のモンブランですからねぇ・・・「想定外の使用方法」ということで、またまた高い修理代を払わなくていけないのかもしれません。はい。(^_^;)

それにしても、万年筆って、本当にピンキリですよね〜。
昔、(今もあるか?)静岡市街の呉服町通りに「北川万年堂」というお店があり、そこに蒔絵の素晴らしい万年筆等がたくさん陳列されたのを、うらめしそうに眺めていた青ガキ管理人に、お店のおじさんは、に「こういう万年筆はお医者さんがカルテを書くときに使ったりするんだよ」と説明してくれたことを思い出す。
今時はカルテもコンピューターでしょうから、使わなくなった万年筆たちは引き出しの片隅に忘れられているのでしょうかねぇ・・・。

|
|

« くうねるキッチンin静岡市葵区 | トップページ | 羽釜ご飯と地野菜の店 啼鳴庵やまさきin静岡市葵区足久保奥組 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

僕も今仕事で使っているボールペンはモンブランです^^
以前に調べたら確か「ノブレス・オブリージュ」って
言うモデルだったと思うのですが、知らずに持ってる
くらいですので、やはり人から頂いた物なんですよね。
お祝いに頂いてしばらく箱にしまったままにしており
ましたが、ふとした事で使い始めたら、ほどよい重量
感がしっくりと手に馴染んで気に入ってしまいました。
しかし修理代も結構かかるんですねぇ...ちょっと心配
になってきました^^;

投稿: JEF | 2007/12/04 01:02

>JEFさん
モンブランとは偶然ですね!
人それぞれに好みがありますが、ちょうど良いものを見つけた時は嬉しいものですよね。
修理・・・私の場合は異例かもしれません(>_<)

投稿: ★aki★ | 2007/12/04 18:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« くうねるキッチンin静岡市葵区 | トップページ | 羽釜ご飯と地野菜の店 啼鳴庵やまさきin静岡市葵区足久保奥組 »