« 最近凝っているもの・・・それはババロアづくり | トップページ | 私設ビオトープ  »

MacOSアップデートでUSBマウスが使えなくなった・・・・

昨日一日、大変な目にあった管理人・・・・
朝、いつも通りコンピューターを立ち上げると、自動ソフトウェアアップデートがクルクル回り、OS10.4.10へ接続してくれた。
そして、いつも通りにアップデート&再起動。
んん???なんか、変だぞっ?!
そう、マウスが動かない。それに、エラーメッセージが表示されて、これもエンドレス。
仕方なく強制終了をしてみたのだが、あの手、この手を使っても、このメッセージが出てきてしまう。
もう〜っ!!!と思って、販売店に確認をしたり、アップルのディスカッションボードを確認したり・・・・。
で、アップルサポートへTELをして半日時間がすぎてしまった。

今回、一番の問題は、内蔵DVDドライブが読み込みできないことだった。
実は、購入当初よりあまり調子がよくなかったため、一度は交換してもらったものの、その後は使えていたのでよかったのだが、数ヶ月前に再び故障。すでに補修期間も切れていて、販売店に聞いたところ、取り替えると製品+技術料で5万くらいかかるという。
そんなことなら・・・と思って"USB"接続の外付けDVDドライブを数千円で購入。
この日まではまったく何の支障もなく使えてきた。
が、このアップデートのせいで、システム部分だけを再インストールしなくてはいけない状況になった。
でも、システムインストールができるDVDは外付けからは起動できない・・・ガーン
もう少し、お金を出して、ファイヤワイヤ接続のものにしておけばよかった・・・・それなら起動できるのだ。
でも、今となっては後の祭り・・・・
アップルサポートセンターのお兄ちゃんに再びTELするが、アドバイスされる内容はすべて手をうったものばかり。
仮に修理に出すと、診断+部品手配等で1週間は戻ってこないらしい。
えーーー、それじゃ、困る〜。
プロなんだから、もっと違う方法はないのかね〜と内心思いつつも、結局は解決策なく電話を切った。

とりあえずは、セーフブート(機能拡張なし状態で起動)であれば、マウスが動く。
でも、この状態じゃ仕事にならない。
どーーーーーしよーーーーーー。
こういう日に限って、急がなくちゃいけない仕事がくるのよね。

先日、社員Hとも話をして、「そろそろG4もOS 10に切り替えようか・・・・」と思っていたが、休みの時に一気に、と思いつつ、忙しさについ先延ばしになっていた。G5のバックアップはとってあっても、0S10じゃないと動かないデータが中心。話にならない・・・。
これも、切り替えておけば、とりあえずは代用で使えたのに。後悔先に立たずってこのことよね。
今から全部入れ替えするのは、修理するよりも大変なことだし・・・・。
どーーーーーーーしよーーーーーーーーーー。

ここで諦めては、ストレスがたまったまま数日を過ごさなくてはならない。
再度、静岡にその場で修理してくれる先がないかどうかを検索。
あった!!しかも、車で20分。今は15時すぎだから、今日行けば間に合うかも〜!
と早速TEL。相手の方は、浜松から通っているらしく、なおればなおせるけど、17:30には退社します、と言われてしまった。
「これから、すぐに伺いますので・・・」とiMac G5を箱に詰め込み、大雨の中を急いで持ち込んだ。
お会いした担当の方はTELの印象とは違い、おだやかそうなエンジニア風の方。
早速、症状を伝えてから確認&補修をしていただいた。
その間、1時間半。
その方は、マック初期の頃からを知る、生き字引のような知識をお持ちで、ついついMac話に花が咲いて時間がすっかりMacオタクワールドに浸ってしまった・・・・。

で、結果、見事マウスが動き、事なきを得た。ほっ。
また、緊急事態の対応策もアドバイスいただいた。
代金は診断料で5,250円。
終わったときには17時半をとうに過ぎており、お礼とお詫びを申し上げてかえってきた。
マックのサポートセンターも確かにマニュアル通りに対応しているのかもしれないけれど、やはり、こうした経験で知ってる人の存在は貴重ですよ、と思った管理人だった。

ということで、現在は、まだ安心できないのでアップデートを控えて使っております。

今回のことで、他のMacもOXを入れ替えることにいたしました。反省。

|
|

« 最近凝っているもの・・・それはババロアづくり | トップページ | 私設ビオトープ  »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

大変だった様ですねぇ^^;
しかしそう言えば以前お話のあった外付けドライブの件、僕も無責任にお勧めしてしまいましたが、確かに起動ディスクとして使えないとこういう時は厳しいですよね。
それにしてもその修理業者さん、どんな風にトラブルシュートしたのか興味津々です。
値段も驚くほど安いし、そんな人が近所にいたらいざ!と言うときは頼りになりますね^^

投稿: JEF | 2007/06/26 01:34

>JEFさん
そうなんです〜大変でしたが、まぁ、こんなこともあればマックにも愛着がわく、というもの・・・なんて。
その修理業者さんは、いたって簡単に・・・Discの再インストールが基本でしたよ(笑)とはいえ、アフターフォローも忘れずに「今日は時間がありませんでしたが、今回の料金内で他の不具合の診断もしますから、いつでもお持ちください」とのことでした。再び持ち込みする気はないにしても、こう言ってもらえると気持ちいいものですよね、ユーザーって。

投稿: ★aki★ | 2007/06/26 18:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近凝っているもの・・・それはババロアづくり | トップページ | 私設ビオトープ  »