« パウンドケーキ・・・というよりもフィナンシェ風ケーキが成功♪ | トップページ | 日本現代ばなし・・・父は山へ猪狩(シシガリ)に、娘も山へタケノコ掘りに行きましたとさ。 »

やっと読み終えた・・・「セブンソード」の原作小説

たった2冊の小説、セブンソードの原作「七剣下天山」をやっと読み終えた。
映画を先に見てしまったせいもあるかもしれないけれど、原作とは内容がまったくといっていいほど違うため、なかなか入り込めず苦戦してしまった。
ド兄さんが演じた楚昭南は主役級にかっこよかったのに、小説では悪人。レオン・ライが演じた楊雲○も、なんかちょっと違う。
しかも、漢字圏の小説だけに、1ページあたりの漢字比率が高い。
拳法もわかるものと、わからないものが入り交じり・・・
映画のキャストを頭に浮かべながら読むには無理があり、しばらく時間をおくことにしたため、すっかり時間が経過していた。

今、本編112巻、外伝20巻くらいまで出版されている、栗本薫の超大作「グイン・サーガ」を読んでいるのだけど、こちらはさすがに日本人作家ということもあり、すんなりと読めるのだ。
(しかも、かなりの飛ばし読み)

言語の異なる国の小説って、やっぱり、翻訳者次第かな〜。
高校、大学の頃は、よくハヤカワ文庫を読んでいたため、名前にカタカナがどんな長く使われていても平気だけれど、漢字の羅列は慣れるのに時間がかかる・・・(;´д`)トホホ

|
|

« パウンドケーキ・・・というよりもフィナンシェ風ケーキが成功♪ | トップページ | 日本現代ばなし・・・父は山へ猪狩(シシガリ)に、娘も山へタケノコ掘りに行きましたとさ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159664/14590034

この記事へのトラックバック一覧です: やっと読み終えた・・・「セブンソード」の原作小説:

« パウンドケーキ・・・というよりもフィナンシェ風ケーキが成功♪ | トップページ | 日本現代ばなし・・・父は山へ猪狩(シシガリ)に、娘も山へタケノコ掘りに行きましたとさ。 »