« 夏から秋へ・・・ | トップページ | うーん、なかなかいい具合! »

頭の中をグルグル・・・

今日一日、なぜかふと頭の中をぐるぐるしていた歌が・・・
「はるか〜草原を〜ひとつかみの雲が〜♪ あてもなく〜さまよい〜とんでゆく〜♪」
はい、ここまででわかった方、当時かなりのテレビっこでしたね〜!
そう、「母をたずねて三千里」のマルコの歌です。
管理人は「ひとつかみの雲」を「一つ紙の雲」と勘違いしておりました。
まぁ、低学年でしたから、仕方ありませんが。(自己弁護)
そういえば、後半の「ポンチョに夜明けの風はらませて」という部分で
母に「はらませるって何?」と質問したら、「いい言葉じゃないから知らなくていい」と
言われた覚えが・・・。作詞家はなぜ「からませて」じゃなくて「はらませて」に
したんでしょうかねぇ。「はませる」方が正しい表現なんでしょうか?
これはどっちでもいいんですが。

どうしてこの歌が・・・???と自分でも思ってしまったんですが、ついでにエンディング曲まで。
「朝〜僕を〜起こしたお日様が〜ほら もう真上♪」
幼少だった頃の歌詞ほどはっきりと頭に刻まれているんだけど・・・これってもしかして、いわゆるアレ、ですかねぇ。
さぁ、いろいろと気になりだした皆さん、ちゃんと調べてみましたよ〜
懐かしのアニメソング一覧。
http://www001.upp.so-net.ne.jp/meisaku/meisaku/other/kasi.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/母をたずねて三千里
あれ、調べてみてわかったけど、これって宮崎駿が手がけてたんだ〜知らなかった。

|
|

« 夏から秋へ・・・ | トップページ | うーん、なかなかいい具合! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

全然この歌しな〜い。なんでだろう。一緒に見てたのに小さすぎたのかな〜?でも宇宙戦艦ヤマトは覚えてるし。マルコって可哀想で切なかったな〜見るの。でも、今日同僚と”ビッケ”の話になって皆知ってるんだよ。ヨーロッパ地区。確かノルウェーでもドイツでも皆知ってた。ビッケって日本のアニメ?

投稿: yasu | 2006/09/20 05:45

http://www.vicke.ne.jp/hp/page-1.html
ここを開くとすごく詳しいページが見られるよ。

投稿: ★aki★ | 2006/09/20 13:09

「カルピス劇場(本当はいろいろ呼び名も変わってたみたいですが)」当時はみんな見てましたよね。
昔のアニメの歌は現在の様にタイアップではなかった為、そのアニメのイメージにあわせて作られていましたし、基本的にキャッチーな作りでしたからね^^
肝心の“脳内ループ”の原因は.....う〜ん...何か...さがしものでも?

投稿: JEF | 2006/09/20 22:42

そうそう、カルピス劇場でしたね。かなりおぼろげな記憶ですが、外人のファミリーがコマーシャルソングを歌っていたような・・・・。
確かに、最近のアニメソングは子どもには難しすぎるものが多いなぁ、と思います。だから、チビまるこちゃんのような覚えやすい歌が逆にヒットするのかもしれませんね。

投稿: ★aki★ | 2006/09/21 08:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159664/11960154

この記事へのトラックバック一覧です: 頭の中をグルグル・・・:

« 夏から秋へ・・・ | トップページ | うーん、なかなかいい具合! »