« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

デジ地獄その2

現在の問題はHDDからDVD-R(VRモード初期化済)への移動ができないこと。説明書の絵にはTV画面に表示される「コピー×」の印のものでも移動できるようになっている。しかし、この作業をすると「コピー禁止だからダメダメ」という表示が出て、100%のうちの1%の作業途中で止まってしまう。
ここでさらに次の問題が発生した。
昨夜、管理人が風呂から出てくると母が何も映っていないTVに向かっていた。そして顔を見るなり「もう、よくわからない〜これ〜っ!!(`ヘ´) プンプン。」と怒る。先ほどまで一緒に見ていたTV番組から違うチャンネルにしようとしたら、うっかりどこかのボタンを触ってしまったらしい。TVの左上には何やら見たことのない表示が出ている。「えー、どこ触っちゃったの?」と言いながら、適当にリモコンを操作する管理人。「今までの方がよかった!!!!」と母。「今まで」というのはデジタルチューナーのみのこと。TVのリモコンで画面表示を切り替えれば、ビデオデッキ同様にデジタル放送が映るわけだ。もちろんリモコン操作は至ってシンプル。
実は、当初はテレビと旧デジチューナーを直接接続して簡単に切り替わるように接続したのだが、旧デジチューナーからも予約してビデオに録画できるように接続しなおしてしまったのだ。(これにはいろいろと理由があるのだが。)でも、結局はこの操作はしていないため、元に戻しても良いのだけど、接続のし直しが面倒でついついのびのびに。それが原因で機械に疎い母の怒りが・・・。
でもさ、管理人が悪いっていうよりも、わかりやすいリモコンにしないメーカーが悪いよね〜。この世の中、時代はユニバーサルデザインだよ?!あと数年でアナログが終わって、デジタルに切り替わったら国民の大半がパニックになるのではないかと・・・。その時になれば、携帯電話のように「らくらくテレビ」なんてものが開発されているのかもしれないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ちょっと引き出しに入れておくということ

管理人は普段とっても忘れやすい性分なんですが、日々忘れちゃいけないことは意識をして頭の中から消えないようにしています。よね?みなさん。
だから日常でも仕事でも自分で「あ、これは・・・何だっけ?」とか人から何か聞かれたりすると頭の中にあるいくつかの(?)引き出しから適当なものをチョチョイと引っ張り出してくる、って感じでしょうか。
前にテレビで見たんですが、この作業は「海馬」がするらしいですね。
ところが・・・最近の若い人たち(っていうと、ずいぶんオバチャン的ですが)はこの作業が苦手らしい。
知り合いの人曰く根本的な問題(要は家庭教育環境)だそう。
その人は部下があまりにも指示したことを忘れるし、言われたことをメモもしないので「おまえ、一時間ごとに一つ忘れたら客先に行くまでに全部忘れるだろ〜?」と注意したそうです。
そんな時、返事もしないこともあったり、背中で返事したり・・・・。まぁ、そんな時代なのかもしれないですねぇ、今は。
でもね、やっぱり人間は知恵や工夫をする努力をしないといけないと思うんですよね。
「どうしたら忘れないようにするか」「どうしたら効率よく段取りできるか」って自分で考えないと、ただ指示されたり、人に聞いたりでは成長しないし勉強にならない。
管理人もその昔は上司に言われました。「聞くだけが脳じゃない」って。
そうなんです。楽だから人に聞いたりすることも多いけど、なぜ、その答えなのか、というのを自分も検証してみる必要があるんですよね。聞いてばかりじゃ頭に残らないから知恵や知識として自分の引き出しにも入れないし。
子どもの教育環境が大きく変わっていることは耳にしますが、子どもに限らず社会人も「創造性」や「工夫」「知恵を使う」「失敗する」ことを体験することが必要なんじゃないかな〜、と思う口先ばかりの管理人でありました。(´‐` ○)\(○`ε´○) コラ!コラ!実践するのは楽じゃないんだけどねぇ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

フランス料理店

先日、久々に友人たちと食事をしました。5人のうち2人が誕生日を迎えたので、せっかくだから、ということで静岡市郊外にできたというフランス料理店に予約。初めて訪れたお店でどんな風か♪((O(〃⌒▼⌒〃)O))♪わくわく。契約農家から取り寄せているという野菜がウリだそうで、魚介類、肉類もなかなかこだわった姿勢が見えました。仕事がら、つい建物や内装にチェックを入れてしまう管理人ですが、これもかなりリキを入れて造った様子。コース料理は春野菜のクラムチャウダー、魚介の前菜、魚料理、肉料理(鴨)、デザート、ドリンクで税込4000円。量も適当だし、素材を活かした味付けで美味しくて、うーん、いいぞ〜、と思っていたのに、一つだけ気になることが。それは「水」。皆車で集合したため、ワインを頼めず、水と食後のドリンクで済ませたのですが、この水がマズーーーーイ!消毒臭くて・・・・。これじゃ、基本がなってないんじゃん〜と思ったんですが、まぁ、お料理は美味しかったので、目をつぶって・・・・ってわけにはいかないよ〜。整水器くらいはつけよーよ、ここまでこだわってんならさ〜。と思った管理人でありました。せっかくなのに、もったいないお店。あとは、4月1日からテーブルクロスの洗濯代をいただきます、っていう表示。へっ?!と思っちゃいますねぇ。それならテーブルサービス料とか、メニューの価格を調整するとか・・・・。正直っていえば、正直だけど、「そんなの自分たちの経費でしょ?」と思うのは管理人だけでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

桜・さくら

JEFさんのブログにきれいな桜の写真が載せてあったので、管理人も隣にある山桜を撮ってみました。(肝心の桜がちょっと遠いけど)え?ソメイヨシノじゃないのかって???P3270001いや、ありますよ〜今川氏菩提寺の「増善寺」とか「斎場」までの通りには。ま、管理人宅のお隣はこんな感じなので、身近な桜というと「山桜」になってしまうわけです。
これもなかなか良いもので、散る時には事務所の外に花吹雪が舞ってきれいなんですよ〜。小鳥もたくさん遊びに来ますし、自然豊かなところで日々仕事をしております。ちょっと前まではセキレイがたくさん来ていましたが、今はシジュウカラやメジロが多いですね。季節によって見かける鳥もことなり、自然観察にはもってこいの環境なのであります。

P3270003
管理人宅のお隣さん?!花粉症の人は、絶対に近寄りたくないエリアかも〜(≡^∇^≡)ニャハハ

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

新事実発覚!

またまた「やられた〜!」という感じの「DVDレコーダー」。我が家のXD91は、コピー禁止番組(主には映画や海外ドラマ)がハードディスク、あるいはDVDに一度しか録画できないようなのです。というか、説明書を読んだらそう書いてあるんですよね・・・・。そこまでよく読まずに、これまでのもの全てハードデイスクに録画しちゃった管理人は、結局、ビデオテープに保存するハメに。これじゃ、何のために買ったんだか・・・・(;´д`)自分で見るのは楽なんだけど、誰かに見せたい場合はビデオに落とすしかありません。便利なんだか、不便なんだかなぁ〜よくわからんよ。
ハードディスクからDVDヘ「移動」させると元データが自動的に消去される、というのは知っていたので、そのつもりでいたものの、そういうことのできる番組は基本的に録画なんてしないのよね。まったく・・・・。もしかしたら、録画するDVD仕様に問題があるのかも、と思い始めているものの確認するのも面倒だしねぇ。今のところはビデオデッキと接続されているので、不便を感じるまではこの方法で・・・というよりも、ゆっくりと挌闘できる時間ができるまではこのままかと。
操作方法にも慣れてきて少し落ち着いてきたかと思ったのに再び「デジ地獄 無間道の世界にようこそ」だわ〜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

携帯電話

先日、管理人の携帯が故障。電源が入らないのだ!マ、マズイ・・・・!!
いくら普段「圏外」になるとはいえ、仕事先では必須アイテム。しかも、みなさんのデータはほとんどこの中に。
「つながればいいや」と思っているので、こういう時のためのバックアップなんてしていない。
もしかしたら半年ほど前、地下道の階段でコケてぶつけたのが悪かったのか?
どーしよーーー...((((( ̄‥ ̄;) マ、マズイと思い、焦って電源ボタンを数回押したり、バッテリーを抜き差ししてみたもののウンともスンとも・・・。こりゃ、買い換えかな〜?!とチラシを探しはじめた管理人。
翌日、諦めモードで再度電源を入れてみたら・・・おおっ!入るではないかっ!!このまま使えそうだぞ・・・!って買わんかいっ\(`o'") こら-っ
カメラ付携帯とはいえ、ポイント使ってタダの代物。たまにはお金出して買ってもいいか・・・というわけで、一番近いショップへ行き、最大限割引できる品をゲット。三色あり、バッグに入れて一番目立つ白で即決。それにしても時代はFOMAなのね。知らない管理人が「MOVAで」と言うとショップの人に気の毒がられながら(何に?!)FOMAを進められました。ついでに父のも4年近く使っているのでジジババ向けの「らくらくホン」というのに替えてあげることにしたのはいいんだけど、え?!イチマン円?・・・???「二つ買えば安くしてあげるよ」と言われて、いつものごとくさっさと決めてしまった管理人。最新型を買うよりも安いと思えばいいっか〜。これでしばらくは使えるしね!
帰り際に店員に「また何年後かにお待ちしておりまーす」と明るく挨拶されてしまいました。これって嫌みだったのかしら〜? 入手したその夜、父ともども二人で熱心に操作方法を研究していたのでした。父にはサービスで操作ガイドビデオを付けてくれたし。無線機の使い方はわかっても、携帯の使い方はわからないらしい。管理人も同様だけどさ。結局、前の携帯も使いこなさないうちに新しいのになっちゃったし。
後から、携帯の請求明細をみて驚いたのだけど、ああいう販売店ってどうやって儲けてるのかしら?だって、この書類には支払った金額よりもはるかに高い数字が書かれていたのよね〜。どんなカラクリなのかしら。
というわけで、メール送受信と電話の使い方はわかったけど、TV電話とか、何やらいろいろな機能はたぶん将来も使わずに終わるだろうと思われる管理人でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

スピリット

観てきました〜!よかったよ、やっぱり・・・(T-T) ウルウル感動しちゃったわ〜Mさんと。
映画館で観る価値ぜったい有り!の映画ですっ。だって〜目の前で繰り広げられる武術が何とも言えないのであります。思わず拍手したくなってしまいました。獅童君もがんばっていましたし、さすが役者です。
管理人としては、続けてもう一度・・・という気もあったのですが、それは次回にとっておく、ということで・・・。
いろいろと取りざたされている映画ではありますが、映画は映画ですしねぇ。
そうそう、履いていくつもりの武術靴は雨のため中止となりました・・・残念。
この後、お気に入りの中華店さんで食事をしましたが何よりも笑えたのは、Mさんが中国人の店員に「日本語お上手ですねぇ。」とほめられたことです!Mさん、日本人なんだけど・・・。まぁ、本国の人相手に、ネイティブなプートンファで会話してれば、中国人もびっくり!と思わず勘違いすることでしょう〜。
楽しいひとときでございました。ああ、あと一回は観に行かなくっちゃ!!!
ちょっと気になるのは、初日なのに人の入りが少ないのでした。他の地区はどうなんでしょう。1
2

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

武術靴

今日、新しい武術靴が届きました〜ヽ(^◇^*)/ ワーイ
イチクリさん(http://1cre.co.jp)のオリジナル商品であります。
特注品なので納品までに少し時間がかかるのですが、
18日公開の「スピリット」を見に行くときに履いていきたーい、と無理を言っておりました。
でも間に合わせてくださったんですね〜。
どうでしょうか?
いつもの「FEIYUE」(飛躍)とは違い、皮の高級感となんといっても「武」の刺繍が良いですよね〜!
ということでかなりオタクな靴ですが、管理人はちゃんと履いて行きますよ〜!shoese

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

蜂の子

管理人父がある記事を読んだら三半規管に「蜂の子」がいいとあったらしい。そこで、さっそくAシャンママさんにお尋ねしたところ、買い置きの「蜂の子」を譲ってくださった。管理人も挑戦しようと思ったけれど、「蜂の子」と言えどどう見ても虫の幼虫、というかサナギ、というか、まんま虫でしょ?!さすがに口に入れられず・・・まぁ、管理人が世の中で一番嫌いなあのムシでないことだけが救いですが。父は元気に茶漬けに乗せて食べておりました。貴重な品をありがとうございます〜!
で、一応、写真。なんだか・・・白いものに筋が入ってるし、ところどころ孵化しちゃった蜂も入ってるんですが。P3120014
管理人母のために、透明のガラス瓶の周囲はアルミホイルで包まれております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

世界不思議発見

もしや、と思ってチェックしていたよかった〜!やっぱり出ましたねぇ、リンチェイ!(@⌒ο⌒@)b ウフッ
武当山、一度は行ってみたいわねぇ・・・なんて。
昨年、中国からお招きした先生から教えてもらった八卦掌も内気功だったのね。しらなくってすみません。
なんたって、初心者ですから・・・?!
そういえば、先日のお稽古の時に、F先生とMさんと「スビリット」について話をしたんですが、映画の中でリンチェイが使っていた三節棍を管理人が思わず「ヌンチャク」と言ったら、妥協を許さない先生にすかさず「三節棍」と言い直されてしまいました。m(_ _)mスマン!
ま、何しろ中国4000年にはほど遠い赤子のような知識ですから管理人は。
しかし、我らがリンチェイがインタビューの時にしていたナゲー数珠、あなた、やっぱり出家ですか???と思った管理人でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

スピリット

地上波デジタルチューナーのおかげで、最近、民放のCMが見られるようになった管理人宅。リンチェイの「スピリット」CMも流れ始めましたね〜!!“o(* ̄o ̄)o”ウキウキ♪いよいよ18日に公開だしっ!!!
でもね、友人Gは初日は空いていないらしい。Mさんちはスタッフ一同で見に行くそうだけど、管理人はその日仕事があるので、便乗したかったけど行けるとしても夜の部になっちゃうのよね〜。それに話のわかる人と行かないとつまらないでしょ?でしょでしょ〜?!やっぱ一人で行って一人で盛り上がるのは、さすがに寂しいし・・・・誰か一緒に行ける人いないかな〜。探さなくちゃ。
あぁ、でも映画館で涙流しそうだわ〜感動して・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

出張

今週はとっても忙しくて、イベントが終わったのもつかの間、石川と岐阜へ泊まりで出張でした。今回、北陸を基盤とする、あの強烈キャラの女社長が経営する某ホテルを予約。ビジネスでは手頃なお値段でした。部屋はシングルなので狭いけれどサービスも食事もまあまあでした。仕事先の方にすすめられて利用してみたのですが全国的にも立地条件の良いところにあるらしいので今後も利用してみようかな・・・と思います。
それにしても、宿泊した町は何もないところであるのは寺ばかり・・・。少し先へ行けば旅館などが建ち並ぶ観光地なんですが、管理人が止まった所は外れの方だったらしくスーパーへ買い出しに行くも何もなく、結局ホテルの中で夕食をとりました。近くの寺院群が有名だから散歩をすると良い、と言われたものの、夜は行けないし、朝にでも・・・と思っていたら、くたびれてるせいか夕食後にジンマシン発症。偶然にも薬を持っていたので翌日まで死んでました・・・。しかも明け方は夢見が悪く、ホテルの部屋にクリーム色のカーデガンを着た白髪のおばあさんがドアをすーーーっと開けて入ってきて金縛り状態に。まったく踏んだり蹴ったりでありました。
岐阜へ移動するにも両日お天気が良くて良かったです。寒いと思い、完全防寒で持っていった服は幸いにも必要なかったし。しかし、おみやげ魔の管理人にとっては、ビッチリの仕事先回りで何だかガッカリ・・・。やっぱり、遊びは遊びで行かなくっちゃだめなのよねぇ。
それにしても、くたびれたわ・・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

心のコントロール

普段から管理人の格言「元気に明るく」(!)を心がけているのですが、自分で思うほど自分自信のコントロールというのは上手く行かないもの。そんな時は、自分の好きなことをしたり、ペットと遊んだり、誰かと会っておしゃべりしたり・・・という工夫が必要です。このところ、ずーーーーっと忙しい毎日が続いていた管理人、自分で思っていた以上にストレスがたまっており、ちょっとした気分転換では回復できていなかったようで、先日ダウンしてしまいました。まぁ、半日ほどゆっくりしたおかげで今は復帰しましたが、ストレスっていうのは、本当に体に悪いですねぇ!つい油断してしまったというか、気を抜いてしまったせいか、どっとストレスの大波に飲み込まれてしまいました。しかも、そのきっかけというのが、普段は何ともないことなんですよね。人間、何でも「過ぎる」のはよくありません。今回、つくづく反省しました。まだまだ修行の足りない管理人でありました。でもさ、体力をつけるのと違うのが難しいものなのよねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

伝書鳩

今朝、管理人宅に迷子の伝書鳩がやってきた。ここに住んで20年以来、初めてのことなのだが鳥好きの管理人としては世話をせずにはいられない。さっそく我が家のオカメたちのエサをもって見に行くと長旅の疲れのせいか体全体の羽根がふくらんでおり、くたびれている様子。近くに行ってエサをばらまいて見たのだが、食べるまでの気力はないらしい。この辺りでは猛禽類やカラスなどに脅かされてしまったのかもしれない。やはり慣れていない人間が近づくと一定の距離をおいて逃げてしまう。エサをばらまきながら様子を見ていると、うっかり開けてあった会社の入り口からツツツ・・・と建物の中に入ってしまった。ここまでくると保護して飼い主に連絡するのが一番、ということで足についていた鑑札の電話番号に連絡をしてみた。
飼い主さんは中年の男性の様子で、大阪の方だと言う。鳩は19日に富山から放したものらしいのだが、どういうわけか静岡の管理人宅へ迷い込んできてしまった。世話の仕方を聞いてみると、飲まず食わずだが、体力が回復すればオカメのエサでも食べられるらしい。引き取りは専門の業者が来てくれるという。
こうして一日だけ預かることになったのでエサと水を一緒に入れて籠に入れ、毛布をかぶせておいた。母も、もちろん参加。第一発見者の管理人父は少年の頃に趣味で伝書鳩を飼っていたらしく妙に詳しいため「立派な鳩だから、こりゃ、レース鳩だなぁ」とすぐに見分けがついたらしい。この辺りはキジバトが多いからねぇ。さらには昔を思い出したのか率先して世話をしてくれた。犬好きは知っていたが、鳥好きの血も家系だったのか・・・・!
平和の象徴の鳩が偶然迷い込んで来てくれて、何となくいいことありそうな、ハッピーな気持ちになった管理人でありました。(単に鳥好きの勝手な思いこみなのかもしれないけど)
※本当は写真を撮りたいけど、お疲れモードでかわいそうなので省略・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »